トップページ | 2007年06月 »

2007年05月31日
 ■ LE SALON DE NINA’S

先日、外出の予定があって、そのあとちょっと甘いものが食べたくなったので、近くのお店に飛び込んでみました。
梅田のイーマビルにある「LE SALON DE NINA’S」というお店です。
店の入り口に山のように並べられた紅茶に目がいき、ケーキも置いてあるに違いないとある種確信をもって入ってみたのですが、小腹がすいていたこともあり、せっかくなのでコースを注文することにしました。

070531ninas01.jpg


070531ninas02.jpg


070531ninas03.jpg

フレンチだと信じていたのですが、メインがパスタなんです。
私はチーズたっぷりのペンネを注文。
チーズが市販で食べ慣れたチーズよりも酸っぱく、本格的っぽい味がしました。
あれ?もしかしてイタリアン??
という疑問を心の奥底に封印し、完食致しました。

070531ninas04.jpg


070531ninas05.jpg

食後には甘い甘いスイーツと、20種類以上ある紅茶の中から自分好みのものを選んでいただけます。
フランスということで「ベルサイユローズ」(訳してベルサイユのバラ)という聞き覚えのある紅茶をいただきました。
まさにローズ!!
その一瞬だけゴージャスな気分に浸ることができました。

このお店ではイートインだけではなく、紅茶のテイクアウトもできるようです。
皆さんもおうちで色んな香りを楽しんでみませんか?

■SHOP DATA
LE SALON DE NINA’S
大阪府大阪市北区梅田 1-12-6 イーマ5階
TEL06-4795-7583

投稿時間 : 13:24 個別ページ表示

2007年05月30日
 ■ ケーキ三昧

ちょっとした事情がありまして、この所毎日のようにケーキを食しております。
その中で、とても美味しかった&印象的だった3つをご紹介します。

まずはエントリー癸院
とあるダイニングバーで頂いたケーキ。

070530cake01.jpg
バラと苺の大人ケーキ

最近久しくこんなに大きなケーキに出会ったことはありません。
写真ではわかりにくいかもしれませんが、優に直径30センチはあろうかというビックサイズ!
デコレーションはクリームでバラの花(!)と、真っ白な中に引き立つ真っ赤な苺でシンプルに、お味もクリームの甘さも控えめな大人なケーキでした。


つぎに、エントリー癸押
こちらは神戸の有名フレンチ、“コムシノワ”のケーキです。

070530cake02.jpg
可愛くて美味しくて嬉しい

12センチくらいのベースに、苺が所狭しと乗せられ、間に可愛い、楽しげな表情の人形が2人。
有名店ながら、初・コムシノワだったのですが、苺のボリュームと、ケーキの分量がベストバランス。
クリームは柔らかめで、全体的に優しい雰囲気です。
女性や子供さんに指示されるお店ということですが、それも納得の美味しさです。


最後のエントリー癸魁
こちらは、当事務所の近く、西天満&天神橋筋商店街が誇る人気店、“ムーラ・タルト”のケーキ。

070530cake03.jpg
うさぎさんざます

かわいいですね〜うさぎさんですね〜〜!
こちらのお店、小さいお店ながらその実力は確かなもの。
その証拠に、オープン時にはいっぱいだったショーウィンドーの中のケーキも、夕方閉店前にもなると、いつもほとんどが売り切れ状態になっています。

今回のウサギケーキのような特殊なデコレーションケーキは、1週間前くらいに予約しておくと、作ってくださるとのことで、デザインもかなり細かい要望でも応えてくださいます。
箱を開けたら、こんな可愛いケーキが出てきたら、ものすごく喜ばれること間違いなし。

さて皆様、どのケーキがお好みでしょうか。
また、オススメ店がありましたらご一報下さい。


■SHOP DATA
キリストンカフェ大阪
大阪市北区小松原町4-29
TEL:06-6364-6565

コムシノワ・高島屋店
大阪市中央区難波5丁目1番5号
TEL:06-6632-9537

ムーラタルト
大阪市北区天神橋3丁目1番6号
TEL:06-6242-7177

投稿時間 : 12:52 個別ページ表示

2007年05月29日
 ■ コリアンダイニング市場(シジャン)

先月の4月19日、なんばパークスがリニューアルオープンしました。
映画館が入り、お店も増えたらしいと聞いていたので、行きたいなと思っていたのを、ようやく行ってきました。
オープンからまだ1ヶ月、さらに土日という事もあって、相当の人が訪れていました。
おひるごはんを食べてからお店を回ろうということで、向かった主なごはん屋さんが集まるパークスの6F・7Fゾーンは、お昼時とあってどのお店も長蛇の列!
今回はその中の「コリアンダイニング市場(シジャン)」に決定しおとなしく待ちました。
私のお目当ては、

070529shijan01.jpg
これ、参鶏湯(サムゲタン)!!

サムゲタンとは、鶏まるごとが、高麗人参やニンニク、ナツメ、クリなどと一緒に煮込まれた健康スープメニュー。さらには鶏からのコラーゲンで美肌効果も得られる、女性にとっては願ったり叶ったりな料理。

さらに、このサムゲタンには、学生時代に友人と行った韓国旅行で、体調を崩して寝込む羽目になった可哀想な友人が、現地でこれを食べて元気になった!という忘れられない思い出があり、それからというもの、私の中ではサムゲタン=最強のパワーフードの位置づけに。ちょっと疲れた時などに無性に食べたくなる料理の1つです。
写真ではかなり大きく、ボリュームがあるように見えますが、味も優しく、野菜もたっぷり入っているので、女性でも問題なく食べられます。
同行者の注文した

070529shijan02.jpg
石焼きプルコギビビンバ

も、当然つまんで、サイドオーダーで頼んだ

070529shijan03.jpg
手作り豆腐の韓国風ひややっこ

で、刺激を加え、ランチでセットの

070529shijan04.jpg
柚子サイダー

で、すっきり。
韓国料理って美味しいですね。しかも身体にも良くて、美容にも。とあっては、これから暑くなる季節、食べる機会が増えそうです。


■SHOP DATA
コリアンダイニング市場(シジャン)
大阪市浪速区難波中2-10-70 なんばパークス6F
TEL:06-6641-0167

なんばパークス
大阪市浪速区難波中2-10-70 なんばパークス
TEL:06-6644-7100

投稿時間 : 10:31 個別ページ表示

2007年05月28日
 ■ 手作りプリン

プリンといえばどのような物を思い浮かべますか?
蒸しプリンであったり焼きプリンであったり、またはクリーミーなものであったりと
思い浮かべるものも、好みも人それぞれだと思いますが・・・
我が家でプリンといえば、直径18センチの型で作るちょっと普通より大きめの蒸しプリンをいいます。
どうして18センチの大きめの型に作るのかと言いますと、なんといっても楽なんです。
分量は普通サイズの型8個ほどの量ですが、1つにまとめるのか8つに分けるのかでは手間の掛かり方が全く違います。

070528pudding06.JPG

形は違っても、美味しさが一緒であれば、少しでも楽に出来る方がいいですよね。
プリンの魅力は簡単に作れるということですが、卵・牛乳・グラニュー糖とどこの家庭にも常時ある材料で手軽に作れるというのも魅力の一つです。
他に生クリームを加えたり、風味付けにブランデーやラム酒を加えたりと工夫次第で全く違ったプリンが出来上がります。
生クリームを加える時は、その分量分の牛乳を減らします。生クリームを加えると牛乳で作るよりも、より一層クリーミーなプリンに仕上がります。

ちなみに今回作ったこのプリンのレシピは
直径18センチ型1個分
〈カラメル〉
 グラニュー糖   50グラム
 水        0.25カップ
〈プリン液〉
 牛乳       2.5カップ
 卵        3個
 卵黄       2個
 グラニュー糖   60グラム 
 ラム酒      お好みで

070528pudding01.JPG
(1)カラメルを型に流し込み、型にバターを塗っておきます。
070528pudding02.JPG
(2)卵とグラニュー糖を混ぜておき、そこに温めた牛乳を注ぎます。
070528pudding03.JPG
(3)好みでラム酒を入れ、プリン液をこします。
070528pudding04.JPG
(4)鉄板に水を注ぎオーブンで蒸し焼き(160度で30分〜40分)にします。
070528pudding05.JPG
(5)型からはずして出来上がりです。

気が向いた方、急に甘い物が食べたくなった方、作ってみてください。
オススメです!

投稿時間 : 10:03 個別ページ表示

2007年05月25日
 ■ 韓国料理ワンス

暑い日が続いています。
夏ですね!
暑くなってくるとなぜだか無性に辛いものが食べたくなってきますよね。
行ってきました。
韓国料理ワンス。茶屋町にある、「オモニ」が売りのお店です。
というのも「オモニの作った」というのがコンセプトにあるようで、本当に韓国版「お袋の味」のお店です。

070525wans01.jpg
本格チヂミ

韓国といえばキムチですよね。
もちろん食べました。
スカートキムチといって葉っぱ部分から芯まで繋がっているんです。
そうは言ってもこの日のメインはプデチゲというスパム入りのチゲ鍋です。
何を隠そう、スパム大好きなんです。
普通のハムよりも濃厚なところが好きなんです。
このお店では数種類のチゲ鍋が楽しめるのですが、スパムが入っているという理由だけでプデチゲを選択。

070525wans02.jpg
めずらしいスカートキムチ
070525wans03.jpg
見るからに辛そうなプデチゲ

辛〜〜い

口に入れた瞬間は「おいしい」と脳が感じるのですが、後味がとてつもなく辛いんです。
辛いと言うより痛いといった方がいいでしょうか。
本当に火を吹きそうです。まさにゴジラです。
そして気がつきました。
私、辛いものは得意じゃなかった…
あまりの辛さに汗だけでなく、涙もダダ流しです。

でも大丈夫、辛いものが苦手というあなたにお薦めのお酒があります。
ソジュという韓国焼酎をフルーツジュース、トニックで割ったお酒を飲んでみて下さい。

070525wans04.jpg
魅惑のマンゴーソジュ

やかんに入っているなんて、なんてかわいいんでしょう。
フルーツジュースで割るので、甘くてとても飲みやすいです。
いわゆる酎ハイなのですが、炭酸もきつくなく舌触りも滑らかです。
小さいグラスでチビチビのむので、情緒もあふれています。
辛いものには甘いもの。
一見微妙な組み合わせですが、ぜひ一度お試し下さい。

■SHOP DATA
韓国料理ワンス
大阪府大阪市北区茶屋町10-12 NU chayamachi 9F
TEL06-6377-2277

投稿時間 : 12:08 個別ページ表示

2007年05月24日
 ■ カフェスタイルリゾート SAGANO-YU

最近、京都づいてます。
今日ご紹介するお店も京都 「SAGANOYU (嵯峨野湯)」 です。
「湯」と言っても温泉や銭湯などではございません。タイトルにも記載の通り、カフェです。

ではなぜそんな名前なのか?というと、こちらの建物、元々は大正後期に建てられた日本家屋。かつては、その名の通り銭湯であったのをリノベーションし、現在のカフェに生まれ変わったのだそうです。

白いタイルや浴槽(!)、蛇口など、「銭湯」の風景はお店の隅々に残っています。

070524saganoyu01.jpg
そして、とても開放的な雰囲気


その他の内装やインテリアも、デザイナーズカフェ的な現代風味と、レトロ感がミックスしていて、不思議と落ち着ける空間です。
(トイレは可愛いので是非行ってください!)
フードメニューは多くはありませんが、ちょっとお茶とお菓子でも…という時にぴったりな軽食&ドリンクメニューが中心。

天気が良かったので、テラス席でお茶することにして、注文したのは

070524saganoyu02.jpg
ハーブティー


070524saganoyu03.jpg
はちみつを入れるざます


070524saganoyu04.jpg
カラメルが香ばしいカステラのプディング


070524saganoyu05.jpg
たっぷりサイズのキャラメル・オレ


写真では大きさがわかりづらいかもしれませんが、キャラメル・オレが入っている器はかなり大きなカフェオレボウル。はっきり言ってどんぶり級!
そして、飲み物にはかわいい木のロングスプーンが添えられていて、乙女心ど真ん中ストライクな感じです。

店内では、お店で使用されている食器類が販売されていて、私はこのロングスプーンが気に入り、出来れば買って帰りたかったのですが、なぜかこれは非売品なのか販売されていませんでした・・・。

場所が場所だけに、それほど頻繁に行けませんが、良い気候のうちにまた立ち寄りたいと思うお店です。
テラス席には、大きなモミジの木があったので、紅葉の季節など良いかもしれません!

■SHOP DATA
Cafe Style Resort in Kyoto SAGANO-YU
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺今堀町4-3
TEL:075-882-8985

投稿時間 : 09:00 個別ページ表示

2007年05月23日
 ■ テディベア

テディベアをご存じ無い方は少ないと思いますが、なぜ小熊のぬいぐるみが“テディベア”と呼ばれるようになったのかということをご存じの方はそれほど多くないのではないでしょうか。

070523teddybear01.JPG

実はテディベアの名は、第26代アメリカ合衆国大統領セオドア・ルーズベルトの名に由来しています。
その昔、「クマ狩りに出かけたルーズベルト大統領が、見つけた小熊を撃つことが出来ず、森へ逃がしてあげた」というエピソードが話題となり、ルーズベルト大統領の愛称である“テディ”からいただいて、クマのぬいぐるみを“テディベア”と呼ぶようになったそうです。
ちなみに、外国では女の子には人形を贈り、男の子にはテディベアを贈るそうです。
ちょっと男の子が羨ましい気がしますよね。

070523teddybear03.JPG

テディベアといえばシュタイフ社のものが有名ですが、ただのクマのぬいぐるみとは言え、
それなりに値が張るものが多く、とてもじゃないですが手がでません!
というわけで、ハンドメイドすることにしました。
テディベアの魅力に取りつかれたのは小学生のころですが、このころ初めて作ったものと言えば、余った布やタオル地で作った簡単なものばかりです。
本格的に作り出したのは中学生のころですが、本を買って独学・・・というわけで、未だに作り方が正しいのかどうか定かではありませんが、形がテディベアになっていればいいわけで、その辺は適当です!

070523teddybear05.JPG

テディベア作りは、ペンチ・鉗子・レンチなど、ぬいぐるみ作りに必要なさそうな工具を色々と使ったり、綿を大量に詰めたりと意外と力仕事が多いです。
1枚の布(モヘア)がだんだんとテディベアの形になっていくのを見ると、ワクワクしますが、テディベア作りの一番の魅力といえば、なんと言っても顔作りです!
笑っている表情であったり、悲しげな表情であったりと、表情は思いのままですので、色々なシチュエーションや、性格なんかを想像しながら作成していきます。
想像力を働かせながら何かを作るのって、どうしてこんなに楽しいのでしょうか、不思議ですよね。

投稿時間 : 09:41 個別ページ表示

2007年05月22日
 ■ 私のしごと館

時は遡りますが、GWに一風変わったテーマパーク(?)に行ってきました。
その名も「私のしごと館」
京都と奈良の県境、電車とバスを延々乗り継いでやっと辿り着いた所にそれはあります。
正直、「土地をこんなに使う意味が分からない」と思うほど広大な敷地面積を誇っています。ここでは色んな仕事の体験ができます。
普段では体験できないようなことが満載です。

070522shigotokan01.jpg
手作りノート(デザインからのり付け・カットまで)

将来の夢に目を輝かせている子供さんとご家族の方の中で、大人5人の集団で入場。
子供を押しのけ必死にお仕事体験です。
私達が体験したのは、ノート職人、ニュースキャスター、声優、宇宙飛行士、人形職人などなど。
家族でないと体験できないものや、子供が一緒でないと入れない場所があるので、全部回りきれなかったのが残念です。

070522shigotokan02.jpg
ニュース原稿

子供向けのものばかりという謳い文句ですが、意外に難しいものばかりなのが印象的です。
ニュースキャスターの体験をしたとき、「原稿は子供が読めるものだから、君たちにはつまらないかもね。そこは許して」と言われたのですが、内容は「路面電車」「水芸」
子供さんには難しすぎます。
それでも大人になって真似事をすることに恥じらいを感じるので、子供さんの方が上手だったりするんですね。

070522shigotokan03.jpg
自分で作ったリカちゃん(最初はバラバラです。ショックです)

どこに行っても「お、大人5名ですか?」「転職するんですか?(笑)」と言われ続け、それでもめげずに開館から閉館まで満喫しました。
大人だけでも十分楽しめることが今回のリサーチで解りました。
皆様、もちろんいらっしゃいますよね?

■EVENT DATA
私のしごと館
京都府相楽郡精華町精華台7丁目5-1
TEL0774-98-4510

投稿時間 : 10:27 個別ページ表示

2007年05月21日
 ■ 麒麟屋(きりんや)@京都

美味しいごはんを食べたいとお店を探す時、グルメ本や雑誌の記事で情報を得るのも1つですが、なによりも有効な手段…それはグルメな友人、地元民に聞くことではないでしょうか。

こちらの「麒麟屋」さんは、そうして友人から教えて貰ったお店です。
場所は八坂神社の向かい、東山通りに面した非常にわかりやすい場所にあるのですが、土産物・漬け物屋さんなどなどが立ち並ぶ賑やかな一角であるため、わからずに行くと通り過ぎてしまうかもしれません。

070521kirinya01.jpg
この暖簾が目印です

お料理は、新鮮なお寿司やお刺身から、京都らしいおばんざいなどが揃う一方で、"和洋創作料理店" と銘打つ通り、意外にもハンバーグやメンチカツなどの洋食メニューもたくさん。
美味しいごはんを食べたいけれども、何を食べたいかを決めかねる時にぴったりです。
さて、この日食べたのは

070521kirinya02.jpg
フワフワのう巻き


070521kirinya03.jpg
厚切りベーコンのカルボナーラ


070521kirinya04.jpg
鉄板熱々!ハンバーグ


070521kirinya05.jpg
大人の味のオムライス


改めて見てみると、洋食の王道一色ですね。何度も言うようですが、和食も大変美味しいお店(というかむしろメイン)です。
それはともかく、今回の訪問で特に美味しかったのは、オムライス。
ケチャップタイプではなく、デミグラスソースタイプなのですが、ごはんがベタつかず、たまごの火の入り具合も丁度良く、ソースは濃厚な大人味で好バランス。同じくデミグラスソースの旨みたっぷりなハンバーグは熱々の鉄板ごとオーブンで焼き上げられ、半熟玉子がまろやかな合いの手をさしのべる一品です。パスタも色々種類があるのですが、麺の固さも丁度良く、美味でした。

ところで、こちらの「麒麟屋」さん、地元の方に大変人気なお店なようで、ごはん時には大変混んでいます。
少し早めか遅めに時間をずらして行くと良いかもしれません。
八坂神社にお参りの際はぜひ。

■SHOP DATA
「麒麟屋」
祇園八坂神社前
筺075-531-1223

投稿時間 : 10:10 個別ページ表示

 ■ 旧"KOLO"サイトが見られるようになりました。

近藤総合法律事務所の ウェブサイトをリニューアルしてから、早いもので20日が経ちました。ありがたいもので、開設以来、様々なご意見・ご感想をお寄せ頂いておりますが、
「旧KOLOサイトはもう見られないの?」
というたくさんのご要望を頂き、このたび旧サイトを復活することとなりました。右側メニュー欄のリンクから飛べます。
新旧ともに、今後ともKOLOをよろしくお願い致します。

投稿時間 : 09:45 個別ページ表示

2007年05月18日
 ■ リニューアル?

“KOLOリニューアル”から早くも半月が過ぎました。
KOLOリニューアルを知ってか知らずか定かではありませんが、我が家の愛犬ユキ(柴犬)も必死でリニューアルをしておりました・・・というよりも換毛期でした!

070518yuki03.jpg

換毛期・・・といえば、年に2度に春と秋に訪れる犬にとっても人間にとっても最も憂鬱な時期です。
もちろん一番憂鬱なのは本人(本犬?)かもしれませんが・・・。
「柴犬ってそんなに抜けないんでしょ」とよく言われますが、とんでもありません!
抜けます、もう一匹柴犬ができそうなくらい、ともかく大量に抜け落ちます!!
柴犬はダブル・コートといって、皮毛がアンダー・コートとトップ・コートの二重構造になっております。
アンダー・コートは体温調整の役割を果たすので、暖かい夏と寒い冬では毛の密集度がまるで違います。
冬毛のアンダー・コートの密集度といったら相当なものです。
冬毛から夏毛に抜け替わるこの時期は、特に毛だらけになってしまいますので、家の中では、掃除機・ブラシ・コロコロクリーナーが大活躍してくれます。
ファスナーが付いていて簡単に毛皮を着替えさせることができればいいのに・・・と考えてしまうのは私だけでしょうか?それはそれでちょっと・・・という気がしますが本当に換毛期は大変なんです!

070518yuki02.jpg
とっても不安・・・

そしてもう一つ大変なことと言えば、シャンプーです!
我が家で、換毛期といえばシャンプーの時期でもあるのですが、これがまたちょっと憂鬱です。
なぜなら、ユキは大に大の付くほどの水嫌いですので、もちろんシャンプーも大嫌いです。
どうしてこれ程までに水嫌いなのか、理由はわかりませんが、もしかすると小さい頃に泳がせようと無理矢理川に放り込んだのが原因なのかもしれません。
ということで、シャンプーとなるとユキも必死の抵抗で応戦してきますが、もちろん洗うこちら側も必死です!
ある程度時間が過ぎると、無駄だと気付き抵抗をやめるのですが、それでも顔はずっと引きつったままの不安顔です。
シャンプーを終えるとお互いホッとします。

070518yuki04.jpg

兎にも角にも無事リニューアル完了・・・と思いきや、今度はトップコートが抜け出しました。
一体いつになればリニューアル完了するのでしょうか。まだまだ憂鬱な日々が続きそうです。

投稿時間 : 09:19 個別ページ表示

2007年05月17日
 ■ ゲゲゲの鬼太郎

先日、劇場版「ゲゲゲの鬼太郎」を見に行ってきました。

070517kitarou01.jpg

もともと動かない漫画として原作がある作品を映画化するのはかなり繊細な作業が要求されるのでしょう。しかも実写。
CGはもちろんのこと、衣装やキャストのメイクにもこだわりが見られます。
現実に存在しない(するかもしれませんが)妖怪はもちろんのこと、比較的人間に近い妖怪に至ってもリアルさを求めるあまり、現代社会においてありえない風貌に仕上がっています。
そんな妖怪をすんなりと受け入れてしまう登場人物(人間)にびっくりです。

内容をかいつまむと、妖怪の世界に「妖怪石」というすごい力を持った石があり、石を手に入れた妖怪は天下を取れるという言い伝えがあります。
その石を手に入れてしまった人間の少年が悪い妖怪に狙われ、そこを鬼太郎が救おうとしたところ鬼太郎にピンチが!!という、どこかで聞いたことのあるようなお話ですが、原作と違って鬼太郎がやたらと人間的というか等身大です。
純粋な子供の思いが何度も踏みにじられたり、叶わぬ恋があったりと意外に見所はたっぷりあるのですが、最終的に伝わってきたのが、「全国のお稲荷さんにもっと油揚げを供えて欲しい」ということ。
神(自然)に対してもっと畏敬の念を持って欲しいということなのでしょうが、伝わりにくい!!
でも、「人間はもっと自然を大事にするべきだ」と漠然と言われるより、このメッセージの方が心に残りますよね。

070517kitarou02.jpg

ところで、かの有名な「目玉の親父」こと鬼太郎のお父さんですが、隠れている鬼太郎の左目ではないか?と思っていらっしゃる方、多いのではないのでしょうか。
実は違うらしいです。
この映画では鬼太郎の出生の秘密を説明してくれます。
設定上、鬼太郎は「幽霊族」という種族のたった一人の末裔です。
母親は鬼太郎を産んだ際に亡くなり、その後、父親も亡くなるという不幸な境遇に育ったらしいです。
では目玉の親父の正体は一体誰なのでしょう?
一人残された鬼太郎が心配で心配でたまらなかった父親の執念により目玉のみ生き返ったというまさかの感動秘話です。
驚愕の事実に言葉を失った私ですが、意外にも周りは無反応。
これは周知の事実なのでしょうか?私が知らなかっただけなのでしょうか?
映画で言ってしまっているということは皆さんご存じなのでしょう。
あらためてじっくり見直すと、奥が深いことがまだまだ沢山あると実感しました。

■MOVIE DATA
映画「ゲゲゲの鬼太郎」公式HP

投稿時間 : 09:29 個別ページ表示

2007年05月16日
 ■ トロッコ列車@嵐山

最近になり、ようやく暖かい日が続くようになってきました。
毎年思うのですが、暑くもなく、寒くもない、この位の季節が一番好きです。
週末の外出の予定を立てるのも楽しいですね。

私事ですが、最近ベタな観光地に行くのがなんとなくマイブームでして、今回行ってきましたのは嵐山トロッコ列車。

070516torokko01.jpg
これがトロッコ列車だ!!

真冬を除いて、期間限定で運行される、かの有名な嵐山トロッコ列車ですが、地元関西の方々は案外行ったことがない、という方も多いのではないでしょうか。
ところが、行こうと決めてから初めて知ったのですが、このトロッコ列車、意外と人気なようで、連休や季節の良い週末ともなると、座席券はほぼ完売。
当日券くらいあるだろうと甘く見てると、現地で泣くことになりかねませんので、ご注意下さい。

特に、最後尾の列車はオープンエアの特別仕様になってますので、ご希望の方はお早めに。

070516torokko02.jpg
特別仕様車両

トロッコは、JR嵯峨嵐山駅から徒歩すぐの「トロッコ嵯峨駅」から乗車、終点は「トロッコ亀岡駅」。
時間にして約25分間のトロッコタイムがお楽しみ頂けます。

その間、単に景勝地を駆け抜けるだけかと思いきや、途中の駅では、

070516torokko03.jpg
狸ファミリーの熱烈歓迎を受けたり、
070516torokko04.jpg
天狗が乗車してきたりとイベント盛りだくさん。

そして、クライマックスは「車掌さんの生歌」。
この日は終点亀岡駅手前になると「それでは失礼して・・・」と、美空ひばりさんの“愛さんさんと”を熱唱。
もちろんアカペラ、マイクは車内放送用のアレです。

まさか、こんなに楽しめるとは思ってもみなかったので、大変有意義なトロッコ体験でした。
新緑の季節の今も絶好ですが、秋の紅葉シーズンも良さそうですね。
今度行くときは、トロッコとセットで、保津川下りも予約したいと思います。


070516torokko05.jpg
やっぱり手を振っちゃいますねー

チケットのお求め、お問い合わせは、JR西日本の主な駅の「みどりの窓口」、旅行センター・営業支店・JR各社の旅行センターおよび営業支店・全国の主な旅行会社でどうぞ!


■EVENT DATA
嵯峨野観光鉄道

■SHOP DATA
JRおでかけネット

投稿時間 : 09:00 個別ページ表示

2007年05月15日
 ■ 暖地桜桃(さくらんぼ)

以前、暖地さくらんぼの花が咲きましたというお話をしましたが、
覚えていらっしゃいますでしょうか。
覚えていらっしゃらない方とご存じ無い方のために、暖地さくらんぼについてご説明します。

暖地さくらんぼはバラ科の落葉高木です。佐藤錦・ナポレオン・高砂といった普通のさくらんぼよりも1周り、2周りほど実が小さいので、主に観賞用として用いられるそうです。自家結実性ですので、1本の木だけで実がなり、手間も掛からないのでベランダ等の狭い場所でも栽培できます。しかも“暖地”というだけあって関西の気候にも適しているようで、とっても栽培しやすいです。
ちなみに、普通のさくらんぼは一般的には自家受粉しないので、2品種以上植えなければ実がならないですし、関西のような暑い地域では栽培が難しいようです。

“簡単”“手間いらず”という魅力的な単語に惹かれ、昨年、暖地さくらんぼを植えることになりました。主に観賞用とのことですが、もちろん食べるために栽培しています!さくらんぼジャム・さくらんぼ酒・さくらんぼのコンポート・・・と夢が膨らみます。

070515cherry01.jpg

3月上旬には白い可憐な花が満開を迎えましたが、受粉のプロであるはずのハチや蝶々といった昆虫の姿が一切見あたりません。暑くなったり、寒くなったりの気候で体調を崩してしてしまったのでしょうか?仕方なく受粉の役目は私が引き受けることにしました。
もちろん受粉の仕方など知るわけもなく、取りあえず、すべての花を手当たり次第、綿棒で突っついてみるというあらわざを試してみることに。
一応私がハチか蝶々の役目を果たしてみたわけですが、上手く受粉できているかどうかはその時点ではわからないので、暫く待ってみました。

070515cherry03.jpg

3月下旬から4月下旬にかけて、成功と失敗の差が歴然としてきました。受粉に成功した花は徐々にさくらんぼらしいふっくらした実を付け始めました。20の花の内、成功した花が16・失敗した花が4と、実になる可能性のあるものが16個になってしまいました。

070515cherry04.jpg

4月の下旬になると、うっすらと色づき始め、誰もがさくらんぼとわかる状態に成長しましたが、残念なことに16個ついた実の内、4個がここにきてなぜか成長不良となってしまいました。肥料をあげなかったのがいけなかったのか、消毒をしなかったせいなのか、水やりを怠ったからなのかと、原因を考えればきりが無いほどですが、これ程までに世話しなかったことを考えれば、当然ですよね。

070515cherry05.jpg

そして、先日ついに収穫の時期を迎えました。収穫とは言っても最終的に残ったさくらんぼは12個でしたので、収穫は数秒であっという間に終わりました。
12個ですので、もちろんジャムやお酒など作れるわけもありません。仕方なくそのまま食べることにしましたが、若干どころかかなり物足りない感じです。
肝心なお味はと言いますと、期待していなかっただけに、意外と美味しいという印象を受けました。
来年はたくさん収穫できるよう、もう少し勉強して、手を掛けて育てたいと思います。
きっと手を掛けた分だけ、それに応えてくれるはずです!

投稿時間 : 09:02 個別ページ表示

2007年05月14日
 ■ 聘珍樓にて HAPPY BIRTHDAY

先週の金曜日、事務局のYちゃんのお誕生日会を開いていただきました。
Yちゃんのお誕生日は本当は4月なのですが、遅ればせながらの開催となりました。4月生まれの人ってよっぽどアピールしないと年度移りのバタバタでうっかり気付かれないことが他の月より多いので損ですよね。
Yちゃん切ってのリクエストで中華料理でのお誕生日会です。
お店はヒルトンプラザイーストにある聘珍樓です。
お店に入るやいなや、、フカ(ヒレ)による熱烈なお出迎え。
ジョー〇゛も真っ青なリアルっぷりです。

070514heichinrou01.jpg
フカとYちゃん

入り口から部屋までの道筋はうっすら暗く、緑に光る柱がとってもムーディーです。
部屋の天井には豪華なシャンデリア、内装に並々ならぬ情熱を感じます。

070514heichinrou02.jpg
近藤弁護士と歓談中のYちゃん

肝心のお料理もこれまた絶品。盛り付けも美しいだけでなく、鮮度を保つためにお皿ON氷になっていたり、常に食べる時に最高の状態になるように工夫されていました。
一人一人取り分けて運んで来て下さるので、待ち時間もなく皆同時に食べられます。
コースで注文していたのですが、一品ずつの量がそれほど多くなく、味付けもこってりではないので、食べ盛りの男性には少し物足りないかもしれません。
かくいう我々ももう一品ごはんものを注文。
海鮮チャーハン、美味でした。どうやったらお米はパラパラ、具の歯ごたえ抜群のチャーハンが出来上がるのでしょうか?企業秘密でしょうか?

070514heichinrou03.jpg
川添弁護士とYちゃん

デザートにはお誕生日ということで、お店から桃饅をサービスしていただきました。
誕生日といえばケーキのイメージがありますが、桃饅というのも可愛くていいですよね。桃饅大好きです。

最後にはなりましたが、この場をお借りして、Yちゃんハッピーバースデー(約2週間遅れ)!幸せ一杯の一年にして下さい。

本当の最後です。
聘珍樓というお店の読み方は「ヘイチンロウ」です。
本店は横浜にあります。
大阪のお店もものすごく素敵ですが、大阪が本店であると公言したり、店名を間違えて恥をかかれませんようお気を付け下さい。

■SHOP DATA
聘珍樓
大阪市北区梅田 1-8-16 ヒルトンプラザ・イースト7F
TEL:06-6345-5022

投稿時間 : 14:12 個別ページ表示

2007年05月11日
 ■ カフェラ 大丸神戸店

先日行った神戸で、嬉しいことがあったのでお知らせ致します。
買い物の合間に、ふらりと立ち寄ったカフェで出てきた、

070511cafeart01.jpg
これ!!

かわいいですね〜うさぎさんですね〜。

ところで私、嘘をついておりました。さきほど、「ふらりと立ち寄った」と思わず書いてしまいましたが、実は狙ってました。
こちらの、「カフェラ 大丸神戸店」さんでは、カプチーノ系の飲み物を頼むと、泡の上にこのような絵をあしらって出してくれるのです。

最近のカフェブームに伴い、ハートや、リーフの絵くらいなら、案外どこのお店でも出してくれたりしますが、こちらのカフェラさん、それがさらにウサギだったり、テディベアだったり、女の子だったりと、かなりレベルの高いもの。
前々からのその噂を聞き、行こう行こうと思っていて、ようやく出会えたうさぎさん…感慨もひとしおです。
特に「○○の絵を描いてください」とお願いせずとも、上部に泡系の商品を頼むとほぼ100%何かしらを書いてくれるそうですが、それをわかって注文していても、実際に席で対面した時はやっぱり嬉しいです。

070511cafeart02.jpg
嬉しさ余ってもう一枚。

しかも、このデザインカプチーノ、技術があればどんなものにでも描ける…ということではないらしく、光沢のある、キメの細かいフォームドミルクが注がれたときにしか描けないのだそうです。
ビールだけでなく、泡って大事なんですね。確かに、泡の細かいビールもカプチーノも美味しいですよね。
ということは、良い泡=美味しい、すなわち、デザインカプチーノ=美味しくて可愛い。つまり、ウサギ=美味しさの証!!

070511cafeart04.jpg

ちなみに、このラテアートの世界では、大会もあるそうで、こちらのカフェラさんには、その大会のなんとジャパンチャンピオンのバリスタさんが常駐しておられるそうです。なるほど納得。
ところで、デザインカプチーノのみ特筆してしまいましたが、こちらのお店、半オープンエアになっており、風通しも旧居留地という場所柄雰囲気も◎。
ケーキやサンドウィッチなどの軽食メニューも評判が良いそうです。

070511cafeart03.jpg

これからの季節、神戸に出かけられた際は是非オススメしたいお店です。


■SHOP DATA
カフェラ 大丸神戸店
神戸市中央区明石町40 大丸神戸店1F
TEL:078-392-7227

投稿時間 : 09:41 個別ページ表示

2007年05月10日
 ■ ホームベーカリー

突然ですが、朝食はご飯派ですか?それともパン派ですか?
私は断然パン派です!9割方朝はパンと言っていいほどのパン好きです。
日本人ならお米でしょとお考えの方もこの機械を持てば考え方が変わるかもしれません。
その機械というのは、ホームベーカリーです!
ホームベーカリーは、パン作りの経験のない全くの素人さんでも簡単にパンを作れてしまう、とっても素敵で便利な機械です。
夜、寝る前に材料をセットさえしておけば、朝は焼きたてのパンの芳ばしい香りで目が覚めるなんて本当に素敵ですよね。

070510homebakery04.jpg

パン作りですが全てを手作業でするとなると、実はかなり大変です。
簡単に説明しますと、材料の準備に始まり、こねる→丸める→一次発酵→丸め直し・分割→ベンチタイム(丸めることにより生地が締まってしまい、成形できないので生地を15分ほど休ませること)→成形→二次発酵→焼く→そして完成というかなり体力と根気がいる作業が必要となってきますが、ホームベーカリーさえあれば、材料の準備だけでOKです。後の面倒な作業は全て機械が一手に引き受けてくれます。

070510homebakery02.jpg
《 発酵前 》
070510homebakery03.jpg
《 発酵後 》

ただし、こんなに便利な機械ですが、一つだけ難点があります。
それは騒音です!慣れるまでは、朝に焼きたてのパンの芳ばしい香りで目を覚ます・・・という願望も虚しく、夜中にガタン、ゴトンという大きな騒音で目を覚ますということになります。
玉に瑕といったところですが、不思議なことに慣れれば全くといっていいほど気になりません。私が鈍感なだけかもしれませんが・・・。

070510homebakery01.jpg

食パンを作るとなると、材料をセットしてスイッチを押すという作業だけでいいのですが、他の種類のパンを作るとなると、ちょっとだけ手を加える必要があります。
たまには違う種類のパンを・・・ということで、作ってみました!
あんパン、レーズンたっぷりのシナモンロール、そしてもちっとした生地のあんパンの3種類です。
この場合も一次発酵までは機械がしてくれるので、とっても助かります。
一番楽しい成形を自分の手で出来るので、むしろ良いとこ取りといった感じです。

070510homebakery05.jpg

あんパンも普通のあんパンではつまらないので、あんの中にこっそりバナナを忍ばせてみました。これが意外に家族に好評で、もっと入れればよかったと後悔したほどのおいしさです。やっぱり料理に一工夫は大切ですね。
シナモンロールには、シナモンとレーズンをたっぷり詰め込んで焼き、上からアイシングをたっぷりかけて完成です。

070510homebakery06.jpg

最近では、パスタやうどんまで作れてしまうさらに優れたホームベーカリーまで発売されているようです。
パン作りの手間を省きたい方、朝食に焼き立てのパンを食べたい方、ぜひホームベーカリーを使ってみて下さい。オススメです!

投稿時間 : 09:08 個別ページ表示

2007年05月09日
 ■ ぼたん祭り

本日はこの場をお借りしてちょっとした「我が町自慢」をさせていただきます。
私が住んでいるところは周りの人に常に田舎であると言わしめる程の大自然に囲まれています。
主な産業といえば観光なのですが、今まさに行楽シーズンを迎え、一番活気づいています。
古くからある古墳や寺院が建ち並び、遠方からわざわざお越しになる方も大勢いらっしゃるのではなかろうかと思います。

そこで、本日ご紹介するのは今イチオシの人気スポット「長谷寺」です。

070509botan01.jpg

1200年の歴史を誇り、花の御寺の呼ばれるように四季折々の花が植えられ参拝に訪れた人々の心を癒します。
4月21日(土)〜5月13日(日)までは「ぼたん祭り」が開催され、多くの人で賑わっています。
境内には150種類・約7000株の牡丹が植えられ、目に鮮やかです。


070509botan02.jpg


070509botan03.jpg


070509botan04.jpg

■新種 初瀬ノ巒月

牡丹の他にもツツジが満開であったりと、お寺全体が春めいているのですが、中でも一番目を引いたのが、下の写真の筍です。
筍から竹になる真っ最中です。
事実として知ってはいたものの、こうして目の当たりにするとびっくりです。まさに竹の子!!

070509botan05.jpg

長谷寺において、四季の花々と並ぶ名物といえば草餅です。
お寺の門前に立ち並ぶお餅屋さんがシノギを削っているわけですが、私が注目しているのは別のこと。
草餅には「そのまま丸めたもの」と、「更に焼いたものの」二種類があるんです。
一般的に前者を「草餅」、後者を「お焼き」として判別するのですが、どちらが本家草餅なのでしょう?
そもそも草餅とお焼きの原型は同じなのか、全く別物なのか、謎は深まるばかりです。
どちらにしろ両方ともおいしいので、好みの方をお買い求め下さい。

070509botan07.jpg

さて、花より団子な我が町自慢になりそうなので、話をお花に戻します。
今満開の牡丹なのですが、そろそろ散り始めているようです。
お急ぎ下さい!
また、6月に入ると約8000株のあじさいが、秋には山を赤く染める程の紅葉が皆様のお越しをお待ちしております。

■EVENT DATA
ぼたん祭り」4月21日(土)〜5月13日(日)

投稿時間 : 10:15 個別ページ表示

2007年05月08日
 ■ フロインドリーブ 神戸

おはようございます。毎朝、朝ご飯は食べていますか?
忙しい社会人の方々ともなれば、
「時間があれば。」 「まあ、軽く。」
という方がおそらく大多数かと思いますが、ちゃんと食べた方が身体に良いそうですよ。
といっても、かくいう私も「時間があれば」派。本当はちゃんと毎朝、淹れたての熱いコーヒーにクロワッサン、デザートにイチゴとヨーグルトを少々…が理想ではありますが、なにぶん、毎朝戦争なもので。

そんなわけで、たまの休日の朝ごはんぐらいは張り切って優雅に食べてやろうと目論み、行ってきました神戸フロインドリーブ。
こちら、古い教会を改装したカフェとなっておりまして、併設された工房から運ばれる、できたてほやほやのパン&ケーキがいただけるという贅沢かつ、私のようなプチ優雅希望な人間にはもってこいのお店。

070508asagohan01.jpg


お店に行ってみると、私と同じようなプチ優雅希望(多分)な人達が既に列をなしており、目の当たりにした瞬間「並んでまで朝ご飯て…」と危うく自らの関西気質にくじけそうになりましたが、そこはこらえておとなしく待ち人欄に名前を記帳。プチ優雅の道易からず、です。

さて、こうして待つこと数分、めでたく念願のプチ優雅な朝食開始です。
まずはお目当てのサンドウィッチメニューに「GWスペシャルメニュー」と「今日のオススメ」とあるのを見つけ、すかさず同行者とそちらを注文。
一緒に頼んだ飲み物はこちらもお店オススメの「シャーリーテンプル」と「ミックスジュース」。
単なるカフェオレじゃないあたりが、さらに優雅度を加速させております。
そして運ばれてきた、プチ優雅の品々がこちら。

070508asagohan02.jpg
■GWSPメニュー: 生ハム・モッツァレラチーズのサラダオープンサンド

070508asagohan03.jpg
■今日のオススメ: ローストビーフサンド

070508asagohan04.jpg
■ミックスジュース

070508asagohan05.jpg
■シャーリーテンプル


いやあ、美味しかったです。並んだ甲斐、待った甲斐がありました。見た目の美しさ、華やかさだけでなく、これがまたほんとに大変美味しいのです。
なんといっても、パンが焼きたて!

この麗しい焼きたてパンに挟み込まれたローストビーフのジューシーな肉汁とパリッとした野菜、濃厚チーズ&トマトとの相性は抜群です。
ミックスジュースはオレンジ色の見た目予想に反して、主張が強いのは桃。その果肉の食感も残る、濃厚で優しい甘さ。
対してシャーリーテンプルは、グレナデンシロップ+ジンジャー+オレンジジュースのノンアルコールカクテルで、爽やかな酸味と微炭酸がサンドウィッチとこれまた好相性。

こうして時計に急かされることなく、予定通り、プチ優雅な気分で食べ終え、大満足の下、教会を後にしたのでした。
たまにだから、それも休日だから出来る朝ごはんですが、毎日こんな朝から始められたら、人生変わりそうです。
でも実際は、次の日の朝のパンを買って帰るのが関の山。
人生山あり谷ありですが、今日も一日がんばります。


■SHOP DATA
German Home Bakery FREUNDLIEB
神戸市中央区生田町4-6-15
TEL:078-231-6051 

投稿時間 : 09:00 個別ページ表示

2007年05月07日
 ■ 山菜採り

みなさんGWはどのように過ごされましたでしょうか。
行楽地にお出掛けになったり、お家でゆっくり過ごされたりと連休を
満喫されたのではないでしょうか。

070507GW01.jpg

もちろん私も出掛けて参りました、行き先はと言いますと、です。
気温が低いということもあって、山ではちょうど桜や山野草などの花々が見頃を迎えておりましたが、
私の目的は花ではありません。
もちろん目的は山菜です!この時季山は食材の宝庫です。
今年は暖冬だったということもあって、山菜の成長も例年より早いはず・・・と期待に胸に躍らせ、山に向かったのですが、5月にもかかわらず、水たまりに氷りが張っているという予想だにしない寒さに嫌な予感が・・・。

070507GW04.jpg

案の定、一番楽しみにしていたタラの芽・コシアブラ・ハリギリといったウコギ科の木は
やっと小さな芽を出した程度で、食べられる様な状態ではありませんでした。
しかし、食いしん坊の私が、こんなことで引き下がる訳もなく、道なき道をほとんど遭難覚悟で進み・・・見つけました!他の木よりちょっとだけ成長の早い天然物のタラの芽コシアブラです。
このほかには土手で、葉わさびとヤブカンゾウの若葉を発見しました。

070507GW02.jpg

■タラの芽

ここで迷うのが、山菜それぞれの調理方法です。山菜独特の風味を生かすには、それぞれの特徴を把握した上で調理する必要があります。
ウコギ科のタラの芽・コシアブラ等は、やっぱり天ぷらが最高です!
そして、葉わさびはといいますと、お湯にさっとくぐらせて、お醤油であえるだけとシンプルに食べるのが一番です。簡単そうですが、この調理が意外に難しいのです。
なぜなら、葉わさびは葉を食べるのですが、ほんの少し火が通り過ぎただけで、ピリッとしたわさび特有の辛みが消え、普通の葉っぱ化してしまうからです。
ヤブカンゾウはさっと湯がいて、酢味噌で食べます。ヤブカンゾウは夏頃にオレンジ色の八重の花を咲かせるので、この花を摘み取ってジャムにしたりホワイトリカーにつけ込んで花酒にしたりと、ヤブカンゾウは意外と優れものです。

070507GW03.jpg

■葉わさび

こんなに楽しい山菜採りですが、一応ルールがあります。
.Ε灰科の植物の場合、若芽を食べる訳ですが、一本の木からすべての芽をつみ取ってしまうと木   が枯れてしまうので、つみ取り過ぎないこと。
∋海箸呂い辰討發匹覆燭の私有地という可能性があるので、勝手に入らないこと。
等です。
山菜採りをする場合は、しっかりルールやマナーを守って楽しみましょう!

投稿時間 : 11:16 個別ページ表示

2007年05月02日
 ■ ナイトミュージアム

突然ですが、映画「ナイトミュージアム」を見に行ってきました。
理由はコメディーであることと、長い期間ランキング1位に君臨していたからです。
ただのコメディー映画かと思っていたら、実は親子愛あり、友情あり、ラブストーリーのハートフルな物語でした。

070502night01.jpg

設定は「とある男性が離婚し、仕事もなく、お金もなく、人生投げやりになっているのですが、定期的に遊びに来る子供にいいところを見せたい!がんばる!!」という説明してもらわないと分かりにくい設定です。
この設定が後々生きてくるので、出鼻をくじかれた気分ですが始まって3分の1くらいまで進んだところで何となく説明してくれるので親切です。
夜になると博物館の展示品が動き出すわけすが、これはCMでもお馴染みですよね。
では、なぜ夜になると博物館の展示品が動き出すのでしょう?
答えはここでは明かせません。
秘密を知ったときのリアクションは「は?そうなの?そうなんだ…それでいいんだ」といったところでしょうか。
気になる方は映画館へ。

とまあ、ものすごく映画の宣伝のようになってしまったのですが、この映画最後がびっくりするぐらいハッピーエンドなんです。(言ってしまいましたが、これくらいはいいですよね)
ひとえに主人公が諦めずに頑張った結果なのですが、主人公が頑張り始める(?)までにはとてつもない失敗や挫折を味わうわけです。
それでもあるきっかけで生まれ変わるのですが、人間誰しも落ち込む時くらいありますよね。
失敗は成功の母とはよくいったものです。
根気よく、粘り強く頑張ることにこそ意義があるんです。
何をやってもうまくいかないと感じている方必見の映画です。

070502night02.jpg

名言「偉人は生まれながらにしての偉人だけではない」

■MOVIE DATA
ナイトミュージアム」公式HP

投稿時間 : 15:04 個別ページ表示

2007年05月01日
 ■ ロハスフェスタ@万博記念公園

連休の谷間の出勤日。昨日まであんなに晴れて、まさしくゴールデンウィークという名に相応しい前半三連休だったわけですが、関西地方、今日は思いっきり雨です。

さて、その前半三連休ですが、皆様いかがお過ごしでしたか?
私は諸事情により、出勤したり、1日中パソコンとにらめっこの日々でした。
なので、私的には今年のゴールデンウィークは3日から!と勝手に思うことにしていたのですが、一昨日の晩、とある方から
「30日に万博で開催される“ロハスフェスタ”に僕の店も出店するから、暇があったら遊びにおいで〜」
という世にも楽しげな響きのご案内メールを頂いてしまったので、大急ぎで時間を作って行ってきました。

070501lohas01.jpg

ところで「ロハスフェスタって?」なのですが、主催者の公示情報によると、「まるでヨーロッパの蚤の市みたい!」との文字。その時点でもう、女心はがっちり掴まれてるわけですが、実際行ってみるとつまりは屋外フリーマーケットの本格的バージョン。

070501lohas02.jpg

雑貨や小物、家具などのお店や、飲食ブースでは有名カフェやレストランの出店で、なかなかオシャレで、かなり楽しげな空間が出来上がっていました。
私が到着したのが閉会の30分前…というギリギリっぷりでしたが、まだまだかなりのお客さんが品物を物色したり、美味しそうに何かしらを頬張っていたりして、きっと少し前はさらにすごい人だったんだろうなー…と思っていると、ご案内メールをくれた土佐堀にあるフレンチレストラン「サトゥール」のシェフのお店を発見!

070501lohas03.jpg

多くのメニューは売り切れ状態でしたが、かろうじてチキンの煮込みと白ワイン、キャロット&オレンジのスープをゲット!
一仕事の後、腹ぺこの私達が青空の下でワインとともに食べたその一皿の美味しさったらありません。柔らかく煮込みに煮込まれたチキン、プリプリの食感残るキノコ!緑がまぶしいサクサクのブロッコリー!さすが、フレンチシェフのお料理とあって、バランスも完璧です。
ありがちな屋台などで食べる物の域をはるかに超える美味しさでした。
あまりの勢いで完食したので、写真は撮り忘れました。すみません。

070501lohas04.jpg

その後、ほろ酔いでおやつをつまみながら会場をブラブラ、鯉のぼりが揺れる空の下、芝生の上でまったり休んで会場を後に。
滞在時間はほんの1時間程度だったのですが、リフレッシュでき、大満足の午後となりました。
気分転換って大事ですね。
ご案内くださったシェフに大感謝です。
このロハスフェスタ、秋にも開催されるそうなので、興味を持たれた方は是非!

■EVENT DATA
ロハスフェスタ」・主催 シティライフ

■SHOP DATA
「Satour サトゥール 」
大阪市西区江戸堀2−7−27 ガーデンハイツ江戸堀1F
TEL:06-6444-6344

投稿時間 : 10:38 個別ページ表示

 ■ "KOLO"リニューアルしました!

ゴールデンウィークな今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。
当事務所は例年同様、カレンダー通りの勤務となっているわけですが、今年のGWは一味違います。
そう、かねてからあたためてきたプロジェクト…

近藤総合法律事務所のウェブサイトリニューアル!です。
そして、それに伴い"KOLOのちょっとひといき"も一新しました!

このリニューアル、年始からひっそり予告はさせて頂いていたのですが、
諸々の事情により、GWの谷間の本日、5月1日に正式オープンとなりました。
今後も少しずつ手を加え、読んで下さっている方にとって、より良い「ちょっと一息」となるよう、スタッフ一同頑張りますので、今後ともよろしくお願いします。

末筆になりましたが、今回このサイト制作にご協力頂いた有志スタッフの皆様。
予定通り、当サイトを無事オープンできたのは、ご尽力下さった皆様のお陰にほかなりません。
この場をお借りして、御礼申し上げます。
どうもありがとうございました!

投稿時間 : 00:22 個別ページ表示