« 2016年07月 | メイン

2016年09月02日

監査実務研修合宿講座 in 長浜

先日、琵琶湖(滋賀県)北東部の長浜に行ってきました。

%C4%B9%C9%CD%A3%B1.JPG

長浜は、姉川古戦場など戦国時代の史跡も多く、北国街道や琵琶湖水運の要衝として栄えてきた町です。その中心街は、羽柴秀吉によって長浜城の城下町として整備されてきたようです。

%C4%B9%C9%CD%A3%B2.JPG

今回、長浜ロイヤルホテルにて行われました「第31回 監査実務研修合宿講座」に参加するため、はじめて長浜にて下車することができました。

%C4%B9%C9%CD%A3%B3.JPG

日本監査役協会の関西支部が主催とのことでしたが、全国から大勢(約190名)の監査役が集まっておりました。

%C4%B9%C9%CD%A3%B4.JPG

開会挨拶の後、全体会議機峪依祐萄困力携強化における監査役の役割について」、全体会議供峩畛の事例から考える内部統制の運用と監査役の役割〜ワンランク上の整備・運用の実現のために〜」、グループ別研修などカリキュラムは豊富で、とても充実していました。

全体会議では、「妥当性監査への積極的関与」「グループ経営管理」「二次不祥事」「物言う監査役」という言葉が印象に残るとともに、セイクレスト事件(大阪高裁平成27年5月21日)では、一生懸命やればやるほどかえって重い責任を負わせられるという理不尽があってはならないことから(いわゆるグッド・サマリタン条項的発想)、監査役は、平時において、取締役の内部統制システム構築義務違反を指摘する義務があったにもかかわらず、これを放置していたという問題点に着目し出したのだということにつき再認識することができ、とても勉強になりました。

%C4%B9%C9%CD%A3%B5.JPG

後日、集合写真や修了証書をいただき、賞状をもらうなんて久し振りだなあと少し感慨深いものがありました。

この合宿研修での成果につき、今後の監査役の職務に生かしていきたいと思います。